借金が返せなくなったら早めの債務整理がおすすめ

自転車操業を債務整理で解決!
返しても返してもほとんどが利息でなくなってしまって元金が減らない。
そんな自転車操業状態に陥ってませんか?

 

不景気の影響か、多重債務で苦しんでいる人がとても増えています。

 

また返済に追われない「普通の生活」に戻りたくないですか?

 

借金の悩みは早いうちに解決してしまうのが一番です。

 

あなたは利息を払うために働いているのではありません!

 

 

債務整理とは

 

債務整理とは、多額の借金を抱えた方が、借金を軽くしてもらったり、免除してもらったりすることで、任意整理、個人再生、自己破産の三種類の解決方法があります。

 

任意整理とは

 

業者との話し合いにより、これまで払い過ぎてた利息、所謂「過払い金」の回収、そして今後の利息をカットして残った借金を無理なく分割で返済することです。

 

過払い金が発生している場合は、元金が減りますし、今後の利息がなくなりますので、返済がとても楽になります。

 

借金で大変なのは利息です。利息さえなければなんとかなる場合がほとんどなのです。

 

個人再生と自己破産について

 

民事再生と自己破産の場合、裁判所を通じて行います。そのため、官報に公告されます。
今ではインターネット上でバレてしまいます。

 

個人再生

 

借金を約1/5に減らして、それを3〜5年かけて返済します。不動産や車等の財産は持ち続けることができます。

 

自己破産

 

財産は処分しなければなりません、財産を処分しても借金が消えない場合は、その後免責手続で債務が無くなります。

 

債務整理を行うと一気に肩の荷が下りる

 

借金を背負ってる人は債務整理で解決

 

債務整理を行った人達がみんなおっしゃるのですが、一気に肩の荷が下りた気持ちになり感謝してくださいます。
もっと早く債務整理をすれば良かったと口を揃えて言います。

 

一人で毎日のようにお金の心配をしているので、最初はとても辛そうです。それが債務整理をしてすっきりすると肩の荷が下りて晴れやかになります。

 

 

自己破産の最大のデメリット

 

自己破産者・民事再生者は官報に載ってしまう
(出典:国立印刷局)

 

官報に載ってしまう

自己破産をするデメリットはいくつかありますが、その中の一つに官報に載ってしまうということが挙げられます。
人によっては気にしないでしょうが、多くの人はとても嫌なことだと思います。

 

官報とは国の新聞のようなもので裁判の結果などが載っています。今までは官報に載っても、普通の生活を送っている人はほとんど見ることがないので、自己破産をしてもバレることはほとんどなかったのですが、2019年3月13日にインターネット上に衝撃が走りました。

 

 

 

破産者マップというサイトが公開されたのです。

 

 

 

 

この破産者マップは、googleマップ上に破産者の住所氏名がピンで表示されてしまう仕様になっています。

 

自己破産者・民事再生者マップ

 

この画像はモザイクをかけましたが、破産者マップのページでは建物の形までくっきりと写っています。
名前と住所、官報公示日も載っていて、旧姓や通名の人は本名も書かれています。

 

地元のマップを見てみたのですが、同級生や同級生の家族が結構出てきました。近所にもたくさん居て、あそこの家の人破産してたんだ・・・とわかってしまいます。

 

まあ借金を帳消しにしてもらえるのですから、名前と住所が晒されるのは仕方がないのかもしれませんが、これはさすがに酷いですね・・・

 

人にバレたくないなら任意整理が一番

 

金融機関のブラックリストなら一定期間で消えますが、官報に載ってしまった場合は一生消えません。

 

人にバレてしまう可能性があるというだけで、かなりの精神的ダメージを受けると思います。
破産者マップはネット上でかなり拡散していますから、大人数が見ているはずです。人の不幸は蜜の味と言いますし、お金に関わることはみんな気になるようですね。

 

3月17日で1時間あたり230万アクセスあるようで、削除申請は15秒に1件届いているようです。とてつもないアクセス数です。大騒動になっていることが良くわかります。

 

おすすめの司法書士事務所

まずは相談をしてみることです。相談は無料ですので。
債務整理が始まると支払いはストップします。

 

新大阪法務司法書士事務所

下記の司法書士事務所は債務整理に強く、低価格で親切丁寧に対応してくれます。

 

 

 

女性の人はこちらがおすすめ

 

下記の司法書士事務所は女性向けです。女性スタッフが無料相談に対応してくれます。
やはり女性だと話やすいですよね。